「コーヒーと健康」の記事一覧(2 / 5ページ)

コーヒーには中毒性がある?―コーヒーと健康について―Q&A集7

コーヒーは中毒性になるか

コーヒーやカフェインは中毒性物質に特有の性質である長期間にわたって増量するようなことはなく、急にコーヒーを止めると軽い頭痛のような弱い離脱症状を経験する人がいますが、依存性や濫用性は認められていません。

妊娠したらコーヒーは飲んではいけないの?―コーヒーと健康について―Q&A集6

粉全体にお湯をかけて蒸らす

カフェインと流産の因果関係はこれからまだまだ研究しなければならないようです。コーヒーにカフェインは含まれていますが、お茶やコーラなどにも含まれていますので、コーヒーだけを制限しても解決しません。カフェインの摂取量をコントロールするのであれば、その他のカフェインを含む飲み物についても検討しなければならないでしょう。

コーヒーを飲むとがんになるの?―コーヒーと健康について―Q&A集5

コーヒーを飲むとがんになるの?

大多数の研究結果は、コーヒーおよびお茶の通常範囲の摂取では、いかなる部位でもがんとの有意な関連はないことを示唆しているとされています。

コーヒーを飲むとコレステロールが上がるの?―コーヒーと健康について―Q&A集4

女性ホルモンとコーヒーの相乗効果

社団法人 全日本コーヒー協会のサイトで『コーヒーと健康』という特集が掲載されており、気になった記事を紹介いたします。 Q.4 コーヒーを飲むとコレステロールが上がるの? コレステロールには『LDL(低比重リポたんぱく)コ・・・

コーヒーは心臓に悪いの?―コーヒーと健康について―Q&A集3

0127

心筋梗塞や重篤な不整脈の既往症を持つ人を対象とした調査でも、カフェインはいかなる心筋の不規則性も起こさないと報告されています。カフェインは心筋症状を悪化させるということはありませんから、コーヒーが心臓に悪いというわけではないのです。

コーヒーを飲むと血圧が上がるの?―コーヒーと健康について―Q&A集2

コーヒーを飲むと血圧が上がるの?

習慣的にコーヒーを飲んでいる人は、コーヒーを飲んだからといって血圧が上がることはありません。

コーヒーが善玉コレステロールの機能を高める

コーヒーが善玉コレステロールの機能を高める

毎日コーヒーを5杯ずつ2週間連続で飲んだところ、HDLが増加した。赤ワインのポリフェノールがフレンチパラドックスによって知られているが、コーヒーにはポリフェノールの一種クロロゲン酸が豊富に含まれており、動脈硬化を予防する。

コーヒーの効能。香りから生まれる「癒し」と「集中力」

ee25b6bd50c12e6c19b7a5714cad1a18_m

コーヒーの香りがリラックスする効果と集中力を高め情報処理の速度を上げるという、人間の脳に働きかける二種類の効果があることが実験からわかった。それも豆の種類によって異なるという。仕事をするとき、休憩やストレス解消をするとき、楽しみとして珈琲豆を挽いて、淹れて飲むことは有効な手段ではないでしょうか。

このページの先頭へ