「コーヒーと健康」の記事一覧

父の日のプレゼントにコーヒー豆を…!

DSC_1074

「父の日のプレゼント!」 今年は6月21日の第3日曜日が「父の日」ですよ! そこで、ご提案! 値段はピンからキリまで…、 具体的に下は290円~ ・おしゃれで ・お手軽で、 ・種類も豊富で ・小粋な贈り物…、 ・今はやり・・・

生活習慣病にコーヒーが役立つ?―コーヒーと健康について―Q&A集14

コーヒーを飲むと血圧が上がるの?

2型糖尿病の予防に効果的としてコーヒーが注目を集め、世界各国から相次いで「コーヒーに2型糖尿病を予防する効果あり」という報告がされています。

コーヒーはダイエットに効果的?―コーヒーと健康について―Q&A集13

「コーヒーを活用した楽しい減量プログラム」

「交感神経」は食欲を抑制し、脳からの指令を脂肪細胞へ伝達して脂肪を消費させる働きを担っています。コーヒーを飲むと、この自律神経の働きが促進され、脂肪の代謝を高める効果が得られるということがわかってきました。「コーヒーを活用した楽しい減量プログラム」

コーヒーでストレスが解消される?―コーヒーと健康について―Q&A集12

コーヒーでストレスが解消される

スポーツで汗をかいたり、刺激のあるものを食べるなど体内の血液の循環を促進して、こころと体のバランスを保つこと。
コーヒーの香りにもリラックス効果があり、苦味と酸味も精神的ストレスを手軽に解消することができます

モーニングコーヒーの効果?―コーヒーと健康について―Q&A集11

モーニングコーヒーの効果

コーヒー1杯に2時間程血流をよくする作用があります。心臓の拍動を高めて血流を良くしてくれるため、朝が苦手な低血圧の方も体を動かしやすくなります。だからといって高血圧の人に悪いのではなく、毛細血管の拡張作用で末端の血管を開き血流をよくして、血圧を下げる働きをします。

コーヒーは筋肉疲労をいやす?―コーヒーと健康について―Q&A集10

コーヒーは筋肉疲労を癒す?

筋肉疲労を取るには体内代謝を活発にして、血液中に酸素を十分供給し、必要な栄養物質を体のすみずみに素早く供給すること、筋肉 で不要になった物質を再利用するものと排泄するものに分け、排泄物は腎臓を通して体外へ出します。コーヒーはこのメカニズムを活発にして疲れた筋肉を元気にします。

コーヒーは二日酔いに効くか?―コーヒーと健康について―Q&A集9

コーヒーは二日酔いに効くか?

二日酔いのときに起る頭痛はアセトアルデヒドと呼ばれる物質が主な原因です。この物質をからだの外に追い出し、脳の血液の循環をよくすれば、やがてつらい頭痛は解消されます。その際、有効なのがコーヒーに含まれるカフェインです。コーヒーは肝機能を良好に保ってくれるという研究結果もあります。

夕方以降コーヒーを飲むと夜眠れなくなる?―コーヒーと健康について―Q&A集8

夕方以降にコーヒーを飲むと、夜眠れなくなるの?

コーヒーのカフェインが睡眠の質や、睡眠段階のいずれかに影響を及ぼすという根拠はありません。ただし、一部の人では、カフェインを摂ると弱い興奮作用が出ることもあり、眠りにつくのを妨げられることがあります。敏感な人は、夕方以降にはカフェイン抜きのコーヒーを飲むようにするとよいでしょう。

このページの先頭へ