コーヒー粉を水に浸けておくだけ、アイスでもホットでも楽しめる「ハイブリッド コーヒー誕生!?」

珈琲の粉を水に浸けておくだけでアイスでもホットでも飲めるハイブリッド コーヒーって…、  また、それ、なんやねん…?

t02200391_0576102413251737187
ケンさんから、言われて試行錯誤、チャレンジしてみました!
お客様に限らず、ドイター含めて邪魔くさいのは万国共通!
できれば簡単に、お手軽に、おいしい珈琲が飲みたい…!
これからの季節、あったかく、暑くなってくるとお湯を沸かすのも暑い!
となると、アイスコーヒーが飲みたくなりますやん!

と思ってると、たまに涼しい日もあったりして…、
夏の暑い時、エアコンの効いた涼しいお部屋で仕事してたら、ホットも飲みたくなりますやん!
そやけど、この忙しい時に、また、暑い時に、湯~沸かしてホットコーヒーいれるのも…、ねぇ…!
ほんで、どーすんねん! って、はよ聞きたいでしょ?!
ハイブリッドコーヒーの完成が、あまりに嬉しいので、ちょっと言葉も変になってますが、ご容赦ください。

※ドイター、かなりハイテンションな文章になっておりますが、このまま実況を続けます。(ケン注)

 

じつは…、水出しのアイスコーヒーを作ります。
これを、普通にグラスに氷を入れて飲みますと、それは上品な気品にあふれ、ガムシロップも珈琲フレッシュもいらない、水出しアイスコーヒー!
それを、ケンさんは、レンジでチンしてホットでも飲めるようにしてくれと…!

 

既存のブレンドコーヒーで、水出しコーヒーにしておいしいものを見つけ出す!

(中には、不向きなものもあり、なんや無糖の缶コーヒーのような味のものもありました。)

 

それを、どれくらい焙煎し。どれくらいのグラインドで、何gを何ミリリットルの水に、何時間漬け込むか…。

 

へ、へ、へ、やりましたでー! とうとう見ーつけた!

 

水出しした珈琲は、それは上品な気品にあふれ、ガムシロップも珈琲フレッシュもいらない、水出しアイスコーヒー
レンジでチンしたホットコーヒーは酸味のない、しっかりとした風味で、ほどよい苦みのコーヒーができあがりました!
ブラックでも、コーヒーフレッシュ、砂糖を入れても、はたまた、牛乳をいれてカフェオレにしても「おいしい!」

 

 

まさに、ハイブリッド コーヒーの完成です!

 

 

そう、ハイブリッドって、水出しコーヒーをそのままグラスに注ぎアイスコーヒーに、また、それをレンジでチンしてホットコーヒーにしても、おいしく飲んでいただける珈琲のことなんです。

 

作り方も超~簡単!

 

前の晩に水に漬け込み冷蔵庫で一晩…、朝にはおいしいハイブリッド コーヒーのできあがり!

 

それから、おまけに、ストレートで何も入れずに飲める水出しアイスコーヒーって、カロリーを気にしなくていいし、保存料、防腐剤なんかの添加物も一切使わず、自分で簡単、お手軽にできる。って、とこが「いいね!」

 

その銘柄とは…、ケンさんここで発表していいの?

 

焙煎工房マルイ ふくろうコーヒー オンラインショップにて発表の方がいいんじゃない!?

って、ことで、ごっつい勿体ぶりましたが、ほんまにアイスはもちろん、それをレンジでチンしたホットもおいしいんです。

だまされたと、思ってオンラインショップにてご購入下さい。

 

焙煎工房マルイふくろう珈琲オンラインショップは下記リンクより、http://marui-coffee.jp/

 

そうそう、ある会社の社長さんが、女性社員にコーヒーを淹れさせる時間、また、その行為自体がなぁ…。
時代の流れです。

でも、駅から遠い会社にわざわざ来られたお客様に

『何も出さない』
『自動販売機のジュースかコーヒーか選んでもらう』

『缶コーヒーかペットボトルのお茶を出す』
『社長手作り=ポットに粉と水とを入れたハイブリッドコーヒーを出す』

どれを選ぶのがアイスブレーキングに最適でしょう??

このハイブリッドコーヒーなら、社長自らお客様にアイスでもホットでも簡単にお淹れすることもできます。
また、あまりの喉ごしの良さにブラックで飲まれる方が増えて、珈琲フレッシュ、ガムシロップ分の経費削減にもなります。

ハイブリッドコーヒーで話題もふくらみ、話が弾み、交渉事もうまくいくこと間違いナシ!

ぜひ、これからのシーズンご利用を、いやその前に一度お試しください。

ハイブリッドコーヒーについてはこちらから

ドイターマルイ(ハイブリッドの発掘の喜びに、あまり筆の乱れに一部、だいぶ手を入れました:ケン)

 

立花商店街内 おいしい珈琲屋 珈琲豆販売専門店
焙煎工房マルイ ドイター日記
〒661-0025 尼崎市立花町1-15-1
JR立花駅北側 立花商店街 コープ立花店西隣
http://marui-coffee.jp

コメントを残す

このページの先頭へ